過去の活動(吉林省を中心にした学生たちへの支援活動)
■ 中国応援レポート  2006年10月14日(土)~15日(月)
 2006年10月~11月開催の男子大学サッカー大会及び女子大学バレーボール大会「希望杯」の応援ツアーに行ってきました。今回は、円十字協力がNPO法人になって初めての応援ツアーでした。
 サッカーは、吉林省長春大学林業学院、吉林省農業大学、吉林省長春中医(漢方)学院、吉林省公安(警察)高等専門学校をはじめとする、24大学が参加しての大会となりました。
現在、事務局長をされている「催 成員力」(ツゥェ ソンフン)さんです。(「員」と「力」は一文字で、員へんに力とかきます。)
中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー 中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー
★ サッカー 豆現実
 現在、サッカー用のスパイクを使用していません。それは、すね板まで全員分買う予算がないからです。すね板をしないで、スパイクを使うとケガが多くなります。ケガをしても十分に治療することができないので、サッカー用の運動靴を使っています。もちろん、ユニホーム同様選手交代の時に交換することがあります。そのため微妙にサイズが合わないと靴が飛んでいくことがあります。

【男子サッカー】
中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー
吉林省理工大学 
VS
吉林省長春外国語大学
審判は吉林省公安(警察)高等専門学校
会場:吉林省農業大学


大学内にある運動場も中国では、お金を払って借りなくてはなりません。大会をするときは、運動場やバスの移動費に約5万円ぐらいかかっています。(5万円といえば、中国では田舎の農村での年収にあたります。)
衝撃の瞬間!?
選手交代は、ユニホーム交代でもあります。
中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー
                  
中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー 中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー
  一人はピッチへ、そして一人は観戦。


グラウンドの受難?
中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー
グラウンド内に排水側溝が・・・


中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー
グラウンド内に排水のフタが・・・
フタの取っ手に引っかかって転ぶ人も・・・
【女子バレーボール】
中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー
女子バレーボールチームは、まだできたばかりですので、ユニホームはほとんどバラバラです。
現在4大学が参加しています。
中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー 中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー
       ファイティーン!!

2006年には、理事長の悲願でもあった、女子バレーボールチームが結成されました。
最初は、サッカーの時と同様に4つの大学からのスタートです。ぜひ皆さまご協力お願い申し上げます。
 吉林省の省都である長春は、日本とも縁が深く、その昔、日本が満洲國を建国した時の首都(新京)でもあります。また紀元前に建国された高句麗があった場所でもあり、高句麗が滅亡した時には、多くの高句麗の人々が日本に渡来しております。主に武蔵国(埼玉・千葉・神奈川・東京・茨城・静岡など)を開拓し、現在の日本の土台を築いております。
 そのような縁の深い場所の未来ある学生たちの支援ができることは、本当にうれしいことでもあります。これもひとえに、みなさまのおかげでございます。心から感謝申し上げます。これからもいろんな形で支援活動の輪を広げられるように頑張りたいと思いますので、ご支援、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

【長春 大学生応援ツアー】
2006年10月、大学生応援ツアーを開催いたしました。
中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー
中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー
試合に混ぜていただきましたが・・・・
かなり悲惨な結果に・・・・試合にならず。
中国吉林省大学スポーツ大会応援ツアー
同時通訳をお願いし、みんなともお話させていただきました。
過去の応援の歴史(はじめたきっかけ)
中国から届いた感謝状(翻訳版)
2006-2007 学年度 第1学期  補助金受益者
☆名前:チェ・ドンソル 女子 1990.11.22生まれ 補助金400元

〔 自己紹介 〕
私の家はソヤンにあって、家庭は4人です。父母と、姉妹2人です。お母さんは すごく大変で腰の病気になり、仕事ができなくなりました。いくらもない田んぼ仕事をして、2人姉妹の学習費用を解決できなくて、お父さんは外地へ出て働いてくれています。だけど、お母さんは薬をまともに買うことができなくて、家は屋根が雨もりするのに、お金ができる方法もなく、艱苦した生活をしています。 私はとにかく、勉強をしっかりして、大学へ行きたいという一念で、一生懸命勉強しています。私の夢は、将来、技師やエンジニアになることです。力を尽くして、努力します。
(※ 艱苦(かんこ) ・・・ 貧しく苦労が多いこと )
2006-2007 学年度 第1学期 補助金受益者
☆名前:キム・ウォン 女子 1993.12.1生まれ  補助金400元

〔 自己紹介 〕
感謝を申し上げます。私はこの学校に来て、最初に補助金を受けました。私の成績は中等生です。私は今、おばあちゃん、おじいちゃんと一緒に住んでいますが、おばあちゃんとおじいちゃんは、体を悪くして寝ています。そして、お父さんとお母さんは、私が2歳のとき離婚をしたといいます。いま お母さんは、カンジュという所で新しい生活をしてるといいます。お父さんは、小さい工場を整えて、私の生活と学費を用意しようとしたけど、現在、事業が失敗して工員たちの賃金も払えずにいます。私の夢は、大きくなって歌手になって、お金をたくさん儲けてみんなで一緒に幸せに暮らすことです。

l2006-2007 学年度 第1学期 補助金 受益者
☆名前:アン・ヘリョン 女子 1991.3.1生まれ 補助金 400元

〔 自己紹介 〕
お母さんの体がとても悪いです。 いつも一人で私に勉強をしなさいと言ってくれます。お母さんは何もすることができなくて、家でも農作業もできない状況です。成績はよくないです。だけど、私が必ずもっと一生懸命努力する。という決心をします。いま私はバレーボール愛好家です。私の夢は、外国語を翻訳する人になりたいです。そして、世界の語学をすべて学びたい決心です。


2006-2007 学年度 第1学期 補助金 受益者
☆名前:チャ・ムンギル 男子 1992.7.11生まれ 補助金 400元

〔 自己紹介 〕
僕は2学年2番にいる学生です。 僕の名前はチャ・ムンギルといいます。僕のお父さんは癌で亡くなりました。お母さんは病魔に苦しんでいます。僕の好きなものは、体育とコンピューターです。僕の夢は、今から一生懸命、勉強をちゃんとして医者になりたいです。医者になれば、お母さんの病気だけでなく、世界のたくさんの患者さんたちの病気を治療して、その人たちを健康な身体にします。それで、今から勉強に没頭して自分を充実して、科学の知識を身につけて、良い成績でお母さんだけでなく、すべての先生、僕を助けてくださる、たくさんのありがたい方たちに報います。

こんにちわ。お元気でいらっしゃいますか?僕はヨンギルヒョンジョイル中学校 3学年6番にいる パク・ムンギュ学生です。先生から送っていたただいたお金を、ありがたくしっかり受け取りました。お金を手に受けて、僕は感激の涙を流しました。父母が無く、学問の道を歩く僕に送ってくださる先生のお金の中には、国境の間に立ちながら 私たち民族を忘れず、困難な子供たちに送ってくださる、海よりも深い愛がにじんでいると、心、深く深く感じます。
 一度も会うことができない先生に僕に下さる恩恵をどうやってまたお返しすればいいか、この筆で表現できません。心から感謝します。僕はこれから先生の意味深い愛を胸の奥ふかく納めて、一生懸命 学習して、先生の期待に背くことないよう努力して、先生の高尚な姿に学んで、よい人になるように、ありったけの心血を注ぎます。ありがたい先生、どうぞお体大切になさってご健康でいてください。
さようなら

学生:パク・ムンギュ
2006年3月8日
特定非営利活動法人円十字協力(えんじゅうじきょうりょく)
〒190-0022 東京都立川市錦町1-15-19-2階  TEL/FAX 042-528-0036   E-mail info@enjuji.org  
Copyright (C)since2005 enjuji-kyouryoku All Rights Reserved.